シアリスの副作用の発症率は高いですか?

シアリス錠タダラフィルは医薬品に属されているから、副作用など個人差があります。シアリスの副作用などについて調査によると、100人の中で約0.2%~1%未満の人は動悸、火照り、目の充血、目の異常感など症状がります。

シアリスはバイアグラ、レビトラと比べて、副作用が出る比率が遥かに低いです。シアリスの発売以来、シアリスの効果に関して多くの人が副作用をほとんど感じなくて、約3割の人が軽い副作用が感じるという程度があります 。

シアリスの副作用からシアリスはバイアグラ、レビトラよりもっと優れているところがあります。それに、シアリスが食事の影響を受けなくて、持続時間が最大36時間に達成できるという特徴があります。

ですから、シアリス錠タダラフィルはED治療薬には新たな選択肢として登場した以来、世界で1000万人以上の患者に注目されて、高い人気を誇っています。

引用される文章はこちらへ: