脊柱側弯症についての治療

正常な脊柱は、正面あるいは背面から見るとほぼまっすぐに伸びていますが、横から見ると前後にカーブしています。この弯曲が異常であったり、脊柱が側方に弯曲したりすることを脊柱変形といいます。

脊柱側弯症の治療方法は、患者さんの希望だけで決定するものではありません。医師と患者さんとご家族の方などと十分な治療計画を立てた後に行うものです。

運動方法
体操は運動治療によって弱った筋肉を鍛えるために必要です。装具治療する時、装具をはずすときには、積極的に体操することをお勧めします。しかし、体操をすることによって側弯症が改善した、または進行が予防されたという医学的な証拠はありません。

でも、どうして側弯症の運動療法を用いるのでしょうか?それは、装具治療と併用して行う時。装具に頼ることによって背骨の筋肉が少しですがやせてくることがあります。そのため、装具を着けている時、特に装具を徐々にはずしていく時に運動療法を行うことがあります。

治療を続けようと思う気持ちを持ち続ける必要がある時。長い間経過観察を行っていると、「もういいかな?」と思って勝手に治療をやめてしまうような時に、やる気を続ける必要から運動療法をする場合があります。

装具治療
装具の効果として期待することは、側弯の矯正とともに進行を遅らせることです。装具治療で矯正ができない場合で、積極的に手術を受けたほうがいいです。ただし、装具療法の効果には個人差があります。

現在使われている装具で最も多いのは、アンダーアーム型といって、脇の下から胴体部分に装着するプラスチック製の装具です。これですと、ゆったりとした服を着たら外見上わからなくなります。残念ながら、このタイプの装具では胸椎の上部(頚椎に近い部分)の弯曲には効果がありません。しかし、上部胸椎はそれほど進行しないことが多いです。

側弯症の装具治療は医学会でも議論されているのですが、発症の時期やカーブの状態で、ある程度予測はつきますが、進行するか進行しないかの指針はまだ明らかになっていません。もし、装具治療にも効果が現れない時に、側弯症の手術を利用したほうが一番いいです。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。