脊柱側弯症とは?

小学校に入学・進学すると、さまざまな身体測定や健康診断が行われます。そのひとつに、背骨の状態を調べる検査もあります。特に問題がなければ何の通知もありませんが、「脊柱側弯症(せきついそくわんしょう)」の疑いがある場合、病院で詳しく検査をしなければなりません。脊柱側弯症とはどういった病気なのでしょうか。

脊柱側弯症とは、私たちが「背骨」と呼んでいる脊柱(脊椎骨がつながって柱のようになっている状態)は、普通背中側から見ると縦にまっすぐ走っているものですが、側方に曲がったり、ねじれたりしていると側弯症と診断されます。

背骨は私たちの身体全体を支え、バランスをとる重要な、大きな骨。これが曲がることにより、腰痛や背中の痛みが発生、極端な場合には、肺を圧迫することで肺活量の低下、ひいては呼吸機能障害などが起きるかもしれません。

初期に発見し、適切な対応をすれば、脊柱側弯症の進行を止めることができ、日常生活に支障はでません。そのため、小学校や中学校では必ず検査が行われます。

ただし、学校で行われるのは簡易的な検査である場合が多く、背中を見て肩の高さや肩甲骨の位置が左右対称であるか(立体検査)、お辞儀をするように深く前屈し、肋骨や腰の高さが左右で異なったり、盛り上がったりしていないか(前屈検査)といったものとなります。

このようなシンプルな検査でも背骨が曲がっているかどうかは比較的簡単にチェックできますので、ご自宅でも背骨の曲がり具合のチェックとして行ってみるといいでしょう。

レビトラ>レビトラの効果時間は、5時間~10時間といわれています。レビトラを服用後、「紅潮感」「目の充血」の症状があらわれることが一般的な副作用としてよくあります。