脊柱側わん症とは?

脊柱側わん症とは、背骨(脊柱、脊椎)が側方に湾曲した状態をいい、側わん変形(ねじれ)をともないます。
多くは、小学生から中学生の成長期にみられるものなので、早期発見、早期治療(装具治療など)が何より大切になります。
原 因
脊柱側わん症には、原因がはっきりしているものと、原因のはっきりしないものとがあり、大部分は、原因のはっきりしない特発性側わん症になります。
原因がはっきりしているもの
先天性側わん症(骨原性側わん症)
生まれつき脊椎(椎骨)の形がおかしかったり、成長の段階で脊椎(椎骨)の一部が分離しなかった場合などで起こるもの。
神経原性側わん症
脳や脊髄に異常があって、脊柱に側わん変形が起こったもの。
筋原性側わん症
筋肉の異常のために正常な姿勢を保持できずに起こるもの。
神経線維腫による側わん症
神経線維に腫瘍形成のみられる神経線維腫症にともなうもの。
間葉系疾患による側わん症
マルファン症候群などにみられるもの。
その他
習慣性によるもの、やけどや胸部疾患のあとに起こるもの、一方の足の短縮や股関節疾患で起こるもの、椎間板ヘルニアなどの疾患による痛みのために起こるものなど。
原因のはっきりしないもの(特発性側わん症)
特発性側わん症は、背骨の変形が起こる時期によって、乳幼児期側わん症(0~3歳)、学童期側わん症(4~9歳)、思春期側わん症(10歳以上)に分けられます。