端午の脊柱の健康節句に粽を食べ悪い腹食

端午節前後胃腸道患者は明らかに2割程度増加し、そのうち人は基礎人は基礎病患者、例えば糖尿病人や慢性胃炎患者等.粽の中でもち米の粘度が高くて、消化をにくく、消化機能が悪い人には腹が膨れる、また、老人、子供、下痢、便秘、便秘、便秘.また、甘い団子無糖が多いため、アップやすい人体内の血糖の含有量を食べるべきでなくて、だから糖尿病者.また、多くの市民は粽を早く食べて食べて、これは非常に胃の病気になりやすい.朝から粽を食べ、胃の時間が長く、胃酸分泌を刺激し,慢性胃胃病、胃潰瘍の人が発症.また、寝る前には粽を夜食にしてはいけないといけないといけないから,一晩中にお腹になって消化しやすいです.最も注意:いち.粽を食べた時に最も飲みながらお茶を飲み込むと消化を助け、毎回少なく1時をミニちまき
;に食べた時はコーディネートの和え物.粽野菜,脊柱の健康、果物のサラダ;さん.粽を十分加熱、煮熱しんなりして食べることができる;よんしよなど胃病がある人.ちまきを食べてオプション白米粽、砂糖をつけないで、食べるのがあまりに甘い;ご.胆石があって、胆嚢炎や膵臓炎の患者から食べない肉粽、卵黄がちまきなど脂肪、蛋白質含有量の高いちまき.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です