疾病予防の脊柱の健康知識水泳の最も容易に誘発する5種類の疾病予防

水泳は夏で一番良い運動の一つです.七七月になって、広い水泳場で人頭がためる、異常が盛んです
.水泳は体の放熱を助けることができて、人は涼しく、快適に、1項非常に娯楽性の活動を持つのです.プールで人数が多いため、水質は影響を受け、水に入れ、五感が最も受け、以下の5種類の疾病を誘発する可能性が高い.

1、結膜炎:水泳によくある疾病の一つで、目の腫れ、異物感、痛みが悪いなど.その中の最もよくあるはクラミジアによるプール性結膜炎や細菌による急性卡他性結膜炎.水泳の時最高戴防水眼鏡、もし水泳目の不快感、時用リファンピシン眼液や0 . 25 %クロロマイセチン眼液を予防したり、気をつけないで目や手揉み不潔タオル目.

に、中耳炎:水泳の後、出現は耳の痛み、発熱、膿さえ、それは水泳の時、細菌の水を注入した耳.また、むせで鼻水をかむと中耳炎による別の病気の原因となる.だから、水の池は耳がカナル後,頭は水の側に傾いて、あるいは1足の脈打つして、自然の流出させる、手にしても手にしても彼を引っかいてほじる.池に水を入れて,脊柱の健康、耳栓をつけるのが一番だ.水泳の後いったん耳痛、応用複方ネオマイシンやクロロマイセチングリセリン点耳液点耳.

さん,副鼻腔炎:飛び込みやダイビングが起きやすい鼻腔取水し、水を持ち込むと通じる副鼻腔.水質が不潔でない場合は、副鼻腔炎、鼻、鼻、痛み、頭痛などの症状が現れます.治療時使用1%エフェドリン点鼻液とストレプトマイシン点鼻液交代点鼻.

4、咽頭炎、水または呑水後に発生した後に発生し、喉に不快または痛みを伴う外、咳を伴う.轻者使用多贝尔液うがいや消炎口中錠をくわえて重症化、直ちに病院に行って検査して.

は、天然水域で工業廃水、生活排水に含まれる化学物質が含まれ、皮膚炎、体の体が細い赤丘疹丘疹.可用炉甘石洗剤を何度も毎日外.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です