夜の脊柱の健康下、モノローグ

白い月

,脊柱の健康、薄暗い照明の交錯写像その窓口の独りで寂しげな姿!街のネオンがきらきらと輝く、無地の路地の憂愁.静けさ、穏やか、瀋黙?淡色墨跡の香りは、孤独を代表して晩酌夜食、なぜペンの下で静かな心を出てきたか?

pというのは知覚して、1ページのページの生活は指の指、水辺、風の中で、だんだん平凡で平凡、落ち着いて埋められて!私のように駆られるしかない働きアリ、命令のようにして私はこのした生活!1か所に安来、1か所の勤!私はずっと自分のその初心の船はまだ海の中で泳いで、あるいは荒れ果てるて、揺れていることがある!

pは夜が深く、黄色の便箋便箋,未完の国を建造している!一人で、1基の城に属するべきではありません!時間は神の、毎回の措置については、その前提に、私たちは自分の境界を追求することを追求する!私たちは人質と同様、最ももがくやすい枷を獲得したいです.筆墨は暗澹、月は暗澹.自分の幻想に取り殘町で、優雅な消化して指先の花火.テーブルの前には淺歌、淡い情を愁、静かな物寂しい.風につれて,待っている星空、殘っている余色余薫を邪魔してちょうど芳華!

蒼い海の一毛、夜光の一つの束.明らかな道、あなたはずっと歩いている!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です