全身がだるい脊柱の健康オフィス一族調子が悪い気は目を酷使する

Pは疲れていると思っているが、目は全身の疲労、不快感を引き起こします
.北京同仁医院内科の主任医師の楊威甚だしきに至っては漢方医として、目は全身の疲労の発祥地.ただそれらがだるくて痛くて、張る、乾燥して、目のかすみなどの問題を招きやすい頭痛、集中力がない、情緒の動揺、鈍いと眠れない、疲れて力がなく、吐き気、欲をなど一連の疲れの症状.その原因、主は目の疲れが発生するため、疲労毒素、全身を侵襲、全身を感じて、疲れていると感じます;疲れている、.

中国の漢方医の科学院の眼科病院の眼科の主任医師高健生追加、目の疲れを引き起こすほか全身調子が悪くて、もっと多いのは悪いよう局部を含め、眼球と目の週りつらいや痛み、眉間部Suanzhang感、恐らく光、涙、重い影視物など.そして全身が悪くなど症状が悪くて、年老いて体の弱い体と体質が虚弱で、亜健康な人の群れの中で現れてくる.

高健生は中国医学角度から説明した目と身体各部の関係."漢方医は、脊柱の健康、五臓六腑の精気の注は目、12経絡血気の集まり目.肝臓の腎臓の損失、好みの虚弱、血気の停滯、気を使うのは神経が疲れ目まきぞえにする."、つまり、五臓六腑の精気が上がる目、目や体につながる経絡、もし体の各器官疾患のある、それから目に反映する.逆に、目の疲れすぎる、巻き添え五臓六腑.

ため、楊威は、" ;目が最もされやすい疲労に襲われた源、全身症状の出現の早期警報作用が疲れ.全身を解決して疲れて、目からして.としても、

はこれに対して、2人の専門家は次のように提案しました.まず、普段はコンピュータ、テレビ、本を読む、一時間で10分間休憩し、同時に、あっという間に球.高健生パソコンは少しも提案席を高く設定、パソコンをかけるのを低く目とディスプレイが下にご度ぐらいの夾角、"させること目小さく目の水分を維持することができ、乾燥を防ぐ.次、朝晩はタオルで倉敷、朝は涼しタオル、夜は暑いタオル、としても菊のお茶で目をいぶし、目をしっとりとしても、気にしないでください.再び、食べてはあっさりして、ニンジンなどの新鮮な野菜を食べて、クルミ、ゴマなどの果物の類の食品を食べます.最後、専門家のアドバイス、常に人差し指と親指のマッサージをして、バンブー、こめかみ、疲労の効果を緩和することがあります.目の内側にある穴は、目じりが少し上にくぼむて、竹穴は眉の内側の縁のくぼむに位置して、こめかみは髷、食べるものは動くことができます.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です